結婚式ができるまで

引き出物

引き出物

一部を会費制にした関係もあって、引き出物はご祝儀をいただく親戚の分のみ用意した。

私の両親を始めとして、地方や年配の方にはまだまだ「重い、大きい方が良い」という考えが強いし、あまりカタログギフトに良い印象を持っていないので、オーソドックスで無難に陶器類に。

引き出物のない友人と紙袋のサイズが違ってしまうのには、目をつぶることにする。


パビリオンコートからもらった引き出物のカタログの中から、両親の意見も聞きつつ以下を選ぶ。

  • 親戚には、和風の取り皿セットと花瓶。
  • いとこの夫婦2組には、洋風のオーパルボール。

使っていただければ嬉しいんだけど、どうかしら。

ページ上部へ

引き菓子

こちらは出席してくれた方みんなにお渡しした。

ウェディングケーキを作ってもらう、En passant(アン・パッサン)の焼き菓子詰め合わせにする(ここのケーキは、じたばたしてしまうくらい美味しい  by『アンティーク』流表現)。


最初に予算を決めておいて、その範囲内で、中身を自分たちで選べたので楽しかった。ひとり暮らしの友人も多いので、大きなパウンドケーキとかじゃなく、クッキーとかマドレーヌとか、個包装のものから選ぶ。

私たち用に、1個多く頼んでしまった。おいしかったぁ。

ページ上部へ

プチギフト

ふくら雀お色直し入場のときに全員に配ったプチギフト。”ふくら雀”という。私の実家で扱ってる一位一刀彫という木彫り細工で、”福が来る雀(福来雀)”と書く縁起もの。


プチギフトを何にするかは結構迷った。

定番のドラジェや紅茶って、年配の人たちにはあんまり喜ばれないかも?

手作りクッキーなんて私の柄じゃないし。。。ていうか、作れないし。

お香や入浴剤は人によって好みが分かれるし。。。

実用的な、お箸あたりが無難かなあ?って思ってたところで、私の父親から電話があった。「最近の結婚式では、お見送りのときに一人ずつ何か配ったりするらしいけど、ふくら雀を使ったらどうや?」って。

実用的なものではないけど、小さいし、なかなか可愛いし、珍しいし、縁起も良いから、ありがたくその提案を受ける。


しばらくして、約50個のふくら雀と紙箱が我が家に届いたので、自作の説明書を付けて、1個ずつラッピング。各テーブルごとに数を分ける。そして包装のシールを1つのテーブルで1個だけ種類を変える。これはテーブル装花を持ち帰ってもらうための当たりマーク(詳しくは当日の様子で)。

ページ上部へ

両親へのプレゼント:アルバム

両親へのプレゼントの定番っていったら、花束や体重ベア・・・?でも私たちの両親は両方とも遠いところから来ているので、花束やぬいぐるみって荷物になってしまう。いろいろ悩んだんだけど、ふたりの赤ちゃんの時からの写真を並べた、アルバムを作った。


両親へのプレゼントアルバムパソコンで作れるキットを使ったので安くできたけど、キットといっても、もちろんそれなりに手は加えているし、中途半端にお金かけるよりは良いものができたんじゃないかな。

これを作る課程で初めてkazeburoの子供の頃の写真を見せてもらう。…もう、むちゃくちゃ可愛い(#^-^#)

また、ご両親の写真の撮り方とかアルバムの貼り方がとても良い。ぜひ参考にせねば。

ページ上部へ

その他

人前式の立会人代表になってくれた友人と、乾杯をしてくれた友人、受付を手伝ってくれた友人にも、ちょっとしたお礼のプレゼント。

男性には、ボールペン。

女性には、よーじやのセット。

みんな、ありがとうでした。


それから、従兄の1歳になる女の子には、披露宴中の退屈しのぎになればと思って、おもちゃ(いろいろ細工のある、ミッフィーの布の絵本)をひとつ席に置いておいてもらった。当初はぬいぐるみにしようと思っていたんだけど、直前に母親の失敗談を聞いて、急遽変更。まだぬいぐるみには興味がない歳らしい。

ページ上部へ